認知症ナビゲートnet

人間の脳の成長のピークは20歳代と言われています。その期を境に脳は老化して行きその後は一日あたり脳細胞は10万個死滅して行きます。このような状態が信仰して行き加齢による物忘れが進んで行きます。この物忘れとは多くの方がなる老化現象ですので病気ではなく、認知症とは違います。この認知症とは病名ではなく、アルツハイマー病、脳血管性認知症、レビー小体認知症、などの総称で、現在日本国内に170万人の患者がいると言われています。この認知症の方を支える側との比率で言いますと、現在3人で1人の認知症の方を支えていることになります。認知症とはその状態になっていることを呼んでいます。

アルツハイマー病とは脳が萎縮を始め、ベータアミロイドと呼ばれるタンパク質が生成されます。そして中核症状と呼ばれる記憶力の低下、認識をする力、知的機能の低下などの症状が起きるようになります。若年アルツハイマー病とは65歳未満で発症したアルツハイマー病のことを呼びます。身体が若い分、病気の進行速度が早く症状が重くなりやすいです。

このように認知症にはさまざまな病気があり、ひとたび症状が進むと完治することは一部を除いて不可能な思い病気です。そんな病気にかかっている人はもちろん、支える側の家族や兄弟、親類などもしっかりとした知識をつけて介護にあたるか施設に入ってもらうか、さまざまな選択肢の中から選ばなくてはいけません。そんな悩みを抱えている方たちの道しるべになるよう認知症(痴呆)ケアポータルサイトを始めとしたさまざまなサイトがあります。これらのサイトを利用して、認知症に対する理解を深めるだけでなく、介護方法や関連イベント、交流会などに参加し、お互いに助け合い情報を共有することにより少しでも良くなるよう生活改善を行いましょう。

就活には、就活マナーがありますので「就活マナー基礎ガイド」を活用しよう!